2007年2月16日金曜日

子供の歯の矯正 ~ トーランスの日系矯正歯科医師

しばらく前に子供が 歯の矯正が必要となりました。


歯茎にすべての歯を収納するスペースが足りなく、ずれてしまっているためと歯科医師は診断しました。


一番最初に見てもらったのは南カリフォルニアの日本人町トーランスにあり日系新聞に宣伝が載っていた某歯科医師。 確か カリフォルニア州立大学の講師とかなんとか宣伝があったこの歯科医師のところから紹介してもらった 同じく日系の矯正歯科医


この日系矯正歯科医にアポをとって話しを聞きにいったけれど、アシスタントのおばさん(失礼)はここの先生と医院がいかにいいか、ということを長時間 営業おしゃべり♪ 
レントゲンを元に先生がこれからの治療法、金額、期間などを説明してくれるはずが、先生を呼んできてくれない。「先生は今日はお忙しいんですね」というと、いいえそんな事ないんですよ、 というだけで
営業おしゃべりを世間話に発展させ 約1時間。(実際に先生と話をさせてほしい。。)


うんざりしていた頃やっと 英語アクセント有りの日本語をしゃべる医師が登場。 まあこの先生の説明は普通だったんですけど、もしも治療を受けたければ、この金額をはらって、この期間中通ってね、と言われ退室。



私はアシスタントのおばさんの演説と、この金額ではとてもじゃないけど払えないので
ここはやめようと決め、現在通うオレンジカウンティーの中国系の矯正歯科医のところまで
子供を行かせることにします。(次回へつづく)

0 件のコメント:

Google
 
Loading...